不眠症 原因

MENU

不眠症の原因|要因となる5つの「P」とは?

不眠症 画像

現代社会において不眠症の人はどれくらいいるか
ご存知でしょうか?

 

自分とは関係のない、一部の人たちの特別な症状という
イメージを持つ人が多いかも知れませんが、
実は誰にでも起こり得る症状でとても身近なものなんです。

 

それを裏付けるようなデータとして、現代の日本人では
実に5人に1人が不眠症だと言われています。

 

本人に自覚が無い場合や、ごく軽度の悩みを含めると
不眠症の数は更に増えるでしょう。

 

 

一昔前なら不眠症というのはごく一部の人の症状だったのに、
現代ではなぜ眠りに悩みを持つ人がこんなにも増えたのでしょうか?

 

ここでは不眠症の原因から、それを考えていってみましょう。

 

 

不眠症の原因とは

 

通常身体的な疾患はハッキリと「これが原因です」と
発症の原因が明確なものが多いですが、不眠症の原因は
心的なものと身体的なものが双方深く関わってくるものなので
その要因も多岐に渡ると言われています。

 

それらの要因は大きく5つに分けることが出来、
英語表記での頭文字を取って「5つのP」と呼ばれています。

 

 

心理的要因(psychologic)

 

精神的な要因による不眠症です。
過去の怖い体験やトラウマ、強いショックなどを受けた事で
不眠に陥ってしまうものです。

 

近年ではストレスによる心理的要因による不眠症が
非常に多くなっています。

 

 

精神医学的要因(psychiatric)

 

心理的要因と似ていますが、この精神医学的要因というのは
総合失調症やうつ病などの精神疾患を患っている場合に当てはまります。

 

気分の落ち込みがひどい時や慢性的な不眠がある場合は
単なる疲れやストレスなのではなく、精神的な疾患である可能性もあります。

 

 

身体的要因(psysical)

 

花粉症やじんましん、湿疹、リウマチ、関節痛、頻尿など
身体的な怪我や病気による不眠です。
痛みや痒み、不快感を感じる疾患で起こり易いと言われています。

 

身体的な疾患が治ってくると同時に不眠の症状も
和らいでいく場合が多く、不眠症の中では治療しやすいです。

 

 

薬学的要因(pharmacologic)

 

医薬品の影響によって起こる不眠です。
ステロイドや抗がん剤、更には飲酒によるアルコールや
タバコのニコチン、コーヒーや紅茶のカフェインも
薬学的要因に関わっています。

 

 

生理学的要因(physiologic)

 

生活習慣の乱れや環境の変化で起こる不眠です。

 

不規則な時間の仕事や昼夜逆転の生活リズム、時差ボケなどが
適切な睡眠の妨害をしてしまいます。

 

時差ボケの場合は一時的なもので、体が慣れてくると自然と
治っていくものが多いのが特徴です。

 

 

 

不眠症を起こす原因は、以上の5つの要因に大きく分けられます。
特に近年多くみられるのが心理的要因による不眠症です。

 

現代では仕事や勉強で個人の競争も激しく、時代の流れも
速いためにストレスを溜めこんでしまう人が少なくないでしょう。

 

一昔前と比べると物質的には豊かになり、物や情報は溢れていますが
そういう現代社会に疲れてしまう人も多いと思います。

 

そのため気持ちが休まらずに不眠症に陥ってしまう人が
現代には増えているのかもしれません。

不眠症の原因|要因となる5つの「P」とは?関連ページ

不眠症のセルフチェック|あなたのその症状、不眠症かも?
不眠症は意外と自分自身では気づきにくいものです。不眠症ではなくても、予備軍の可能性もあるのでセルフチェックをして早めの対策を心がけましょう。
簡単な事から始めよう!不眠症を治す方法とは
不眠症を治す方法は実は、自分で簡単にできるんです。やれるところから取り組んで、不眠症の改善をしましょう。
セロトニンサプリの配合成分と効果は?
不眠症の改善に今注目されているのが、セロトニンサプリです。体内でセロトニンを増やす作用が期待できるこのサプリには、一体どのような成分が含まれていて、どういった効果が実感できるのか、詳しくご紹介しています。